閉じる

水上安全法

水上安全法とは、水の事故を防ぎ、水を活用して健康を増進し、事故が発生した場合には、自分自身の安全の確保しつつ、他者を助けるための的確な対処が図れるようにする方法です。

水上安全法について

  • 水の有効性と危険性を理解し、水の事故を防ぐとともに、積極的に水を活用して健康を増進し、万一事故が発生した場合には、その場所や状況に応じ、自分自身の安全の確保と同時に、他者を助けるための的確な対処が図れるようにするための方法です。
  • 水の事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の発見と救助、救命と応急の手当等の、総合的な知識と技術を習得することができる内容で構成しています。
  • この知識と技術を、より多くの人々が自分自身と家族や周りの人々の安全を確保するための術として持つことができるよう、普及を行っています。

水の事故を予防する、事故が起きた際には自分自身の安全を保ちつつ対処する、これらの方法を習得するための講習を紹介します。国内では、次のような講習会が開催されています。

赤十字水上安全法講習

水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得する内容です。具体的には、次のような講習の種類で行われています

水上安全法救助員I養成講習 (プールで実施)

  • 内容:水上安全法救助員Iの資格取得を目指します。水の事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助、応急手当を学びます。座学、実技(陸上、プール)、検定試験があります。
  • 日程:おおよそ3日間、救急法基礎講習を含む場合は4日間ほどの日程で開催されています。6月から9月に多く開催されてますが、都市部では冬季の開催も見られます。※会場の事情や開催形態により、異なる場合があります。
  • 注意:心肺蘇生や気道内異物除去を学ぶ、救急法基礎講習を受講した後に参加できます。(一般的に、連続開催される場合が多くありますが、確認が必要)

水上安全法救助員II養成講習 (海や湖沼で実施)

  • 内容:水上安全法救助員IIの資格取得を目指します。水上安全法救助員養成講習I(プール)の内容をふまえ、海、河川、湖沼における、事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助、応急手当を学びます。座学、実技(陸上、海・河川・湖沼)、検定試験があります。
  • 日程:おおよそ2~3日間ほどで開催されてます。※会場の事情や開催形態により、異なる場合があります。
  • 注意:水上安全法救助員Iの資格取得の後に参加できます。開催される期間が、会場が海や湖という事情から、夏季に限定されます。

水上安全法救助員資格継続研修

  • 内容:水上安全法救助員の資格を更新し、資格の有効期間の延長(元々の有効期限日から5年間)ができる研修です。座学、実技、検定試験があります。
  • 日程:4時間ほど研修です。水には入らず、陸上だけでの研修です。そのため別に、スキルアップやフォローアップのための講習が、同時・連続して開催されるところもあります。
  • 対象:平成28年3月31日以前に発行された、救助員I(プール)、救助員II(海・河川・湖沼)の認定証をお持ちで、研修を受講する日の時点で、認定証の有効期限が残り1年を過ぎている方、が対象です。
  • 注意:水上安全法救助員向けの資格継続研修を受講されて下さい。開催数がとても少ないことから、参加を希望される方は、早めの開催日の把握と参加申込がすすめられます。
  • 廃止:資格継続研修は平成31年3月31日をもって廃止される予定です。そのため、資格の更新は残り一回のみ可能とお考え頂き、以降の資格維持には、救急法基礎、救助員I養成、救助II養成、と必要な資格に応じた再受講が必要となります。

水上安全法短期講習

  • 内容:水上安全法のカリキュラムに沿って、希望する内容ができる講習です。着衣泳や子ども向けの講習、スキルアップのための講習などが開催されています。
  • 日程:3時間ほどから開催されてます。※会場や内容により異なります。
  • 注意:開催する団体が、内容を企画して開催されています。この短期講習の開催を希望される際には、開催する地域の赤十字都道府県支部へお問い合わせされて下さい。

水上安全法指導員養成講習

  • 内容: 赤十字水上安全法講習の指導をボランティアとして担われる方を養成するためのものです。指導員の認定を受けたあかつきには、該当する赤十字講習の指導を担われます。
  • 種別:プールでの講習の指導を行う指導員I、プールから海や湖での講習の指導を行う指導員II、と二段階になっています。
  • 注意:赤十字都道府県支部により開催されます。ただし、毎年開催されるものでは無く、開催する支部の事情により異なります。将来、ボランティア指導員として活動を検討される際には、お住まいのある赤十字都道府県支部へ問い合わせされてみて下さい。

当会ではこれまで、赤十字水上安全法講習のうち、「救助員I養成」「救助員II養成」「資格継続」「短期」、の各講習研修の開催を行ってきております。なお、当会が開催する講習の予定は、ブログ欄に掲載しています。