閉じる

水上安全法救助員2養成 海講習

水上安全法救助員2海資格コース 三浦

海・河川・湖沼における事故の予防と救助のための知識と技術を習得し「水上安全法救助員の上位資格、水上安全法救助員IIにステップアップする」水上安全法救助員2養成講習

内容

海・河川・湖沼等のアウトドア環境における水の事故の予防と対処のための知識と技術を習得し「水上安全法救助員II」の資格取得を目指します。実習は海(砂浜)にて行います。

  1. 海・河川・湖沼での水の事故の予防
  2. アウトドアの水環境で自分を守る方法
  3. 海等での救助泳法
  4. 海等での水泳の安全管理
  5. 事故者の救助法と捜索方法
  6. 応急の手当 等

行程

2018年 8月25日()・26日() 全2日間

日程詳細

  1. 日目
    8月25日() 9時00分~18時00分
  2. 日目
    8月26日() 9時00分~18時00分
  • 全日程通しての参加が必要です。
  • 昼休憩、移動、小休憩、事務手続等の時間を含みます。

会場

アクセス

京浜急行線 三浦海岸駅 から徒歩ルート2分ほど

  • 京急線 三浦海岸駅(快特・特急停車駅)まで 横須賀中央から19分、金沢八景から27分、上大岡から37分、横浜から47分、京急川崎から54分、品川から64分、羽田空港から75分
  • JR横須賀線 久里浜駅まで 逗子から21分、大船から36分、藤沢から44分、茅ヶ崎から52分、小田原から79分、久里浜駅から京急久里浜駅へ乗換 三浦海岸駅まで8分

京急バス 三浦海岸駅バス停 から徒歩ルート2分ほど

  • 三崎東岡(三崎港)・剱崎・衣笠十字路・横須賀市民病院 各方面から
  • 会場へのアクセスは公共交通機関の利用を推奨します。

参加条件

次の1.~4.の条件を全て満たし、講習全日程に参加が可能な方。

  1. 満15歳以上(講習初日の時点)
  2. 講習期間中に有効な水上安全法救助員の認定証を所持または取得予定
  3. 心身ともに健康かつ自然環境(海)で行う実習に参加できる技術と体力を有する
  4. 一定の泳力(技術・体力)を有する
  • 2.の認定証を所持とは、講習期間中に有効期間内の「水上安全法救助員I」(プールで実施)、「水上安全法救助員II」(海もしくは湖沼で実施)、日本赤十字社が発行した このいずれの認定証をお持ちの方が参加できます。
  • 2.の取得予定とは、2018年5月~7月に開催された水上安全法救助員1養成講習を修了済かつ8月20日(月)までに認定証取得予定の方からも、申込可能とします(受講証がお手元にあることが必須、仮申込として取扱い)。
  • 4.の 一定の泳力(技術・体力)とは、水上安全法救助員1養成講習の参加の際に必要条件となっていた技術・体力を示します。

資格・受講証

講習内で行う 学科および実技の検定の結果、合格すると「水上安全法救助員II」の資格が取得できます。

  1. 赤十字水上安全法救助員II 認定証
  2. 赤十字水上安全法救助員養成講習II 受講証
  • 認定証は発行日から5年間有効。日本赤十字社が認定する資格で、履歴書等にも記載することができます。
  • 認定証は赤十字での手続きを経て、約1ヶ月後に発行されます。また、受講修了者へは、結果通知を後日郵送します。

使用教材・資材

  1. 水上安全法講習教本
  2. レスキューボード
  3. 救助用チューブ
  4. ロープ(ロープワーク練習用)
  5. シュノーケル、足ヒレ(フィン)、海用の水中メガネ(水中マスク)
  • シュノーケル、足ヒレ、海用の水中メガネは、事前に参加者各自で準備・用意ください(ホームセンターや雑貨店にて販売されている、安価なものを推奨)。
  • 実習中は、ラッシュガード、ウェットスーツ等の着用を推奨しています。参加者各自の判断で準備・用意ください。

参加申込

申込受付はしめきりを行い、終了しました

  • このたびの講習会に、お申し込み、お問い合わせ、ご興味を頂き、誠にありがとうございました。

注意事項

  • 本講習会のためにかかる経費は、当会会員の資金持ち寄りと、参加費用実費の一部によりまかっており、講習実施によって利益を得ることは無く、利益を目的にしていません。また、赤十字からを含め、他のいずれからの資金援助や補助も受けておりません。全くの非営利ボランティア組織による実施です。
  • コース全日程への参加が必要です。欠席、遅刻、早退等を予定しての参加はできません。
  • 参加申込者が極少数、台風や荒天、災害発生、会場都合等により、講習会を中止とする場合があります。この場合、延期や補講、返金等の対応はできませんこと、予めご了承ください。
  • 本講習では、水上安全法救助員1の際のプール環境とは異なり、自然水域で講習を実施します。そのため、天候等の状況により講習環境が変化するなど、更にレベルが高い内容となっており、受講者の技術・体力は、自然環境(海)での実習の参加に十分な健康状態と技術・体力を持っていることが必要です。
  • 講習開始後に受講者の技術・体力が、自然環境(海)での実習の安全管理上、必要な健康状態と技術・体力を持っていないと判断した場合、安全確保の点から、講習途中であっても受講を受講を中止して頂きます。
  • 受講条件の確認のため、申込時に届け出をされた認定証の原本を、講習初日に提出して頂きます。
  • 受講確定された方へは、講習参加誓約書への同意署名と緊急時連絡先の申告を頂きます。この同意署名と申告を頂けない場合、講習参加はできかねますこと、予めご了承ください。
  • 講習参加には、水上安全法講習教本(水上安全法救助員I養成講習の受講時に使用)が必要です。条件にあった教本をお持ちでない場合には、別途、教本費が追加して必要です。
  • 会場施設に関する利用ルール及び開催責任者からの要請等に反する行為等を確認した場合、本講習の途中であっても参加を中止して頂きます。
  • 講習会には、参加確定された受講者の方および当会関係者以外の立入はできません。見学等は規定によりお断り致しておりますこと、ご了承ください。
  • 各駅から会場最寄り駅までの乗り換え時間は、各運行会社提供の標準的な所要時間です。正確には別途 乗換案内を確認の上、来場ください。
  • Googleマップは、Google Inc.およびグーグル株式会社が提供するサービス・商標です。
  • ご不明な点がある際には、必ずお申し込みの前にお問い合わせ下さい。