閉じる

水上安全法 資格継続研修

水上安全法資格更新コース

水上安全法救助員対象の「資格継続研修」を受講し、水上安全法の知識と技術を再確認し、認定証を更新、有効期間の5年間延長を目指します。なお、資格継続研修は2019年3月末で廃止され、以降は認定証の更新ができなくなります。

内容

以前の講習を通じて習得した知識と技術を、講義と陸上実習にて再確認します。(水中実習はありません)

  • 心肺蘇生、AEDの使用法、気道異物除去等の一次救命処置(最新の蘇生ガイドライン2015に対応)
  • 水上安全法救助員養成講習の学科と実技の復習と確認

日程・会場

  1. 日時:2019年 3月30日() 13時00分~17時30分 (更新手続の時間を含む)予定
  2. 会場:逗子市文化プラザ 市民交流センター (神奈川県逗子市逗子4-2-11)内

アクセス

  • 京急逗子線 新逗子駅 北口から徒歩ルート2分ほど
    ~金沢八景から8分・上大岡から20分・横浜から30分・京急川崎から40分
  • JR横須賀線 逗子駅 東口から徒歩ルート5分ほど
    ~鎌倉から5分・大船から12分・藤沢から20分・戸塚から19分・横浜から30分・久里浜から21分
  • 会場へのアクセスは公共交通機関の利用を推奨します。

参加条件

次の条件の認定証をお持ちで、実習を含む講習に参加できる健康状態にある方。

2019(平成31)年1月1日~2020年3月29日の間に有効期限となる水上安全法救助員認定証

  • プールで受講された「水上安全法救助員I」、海や湖などで受講された「水上安全法救助員II」、いずれでも受講可能です。全国の都道府県の赤十字支部で発行された認定証の更新ができます。
  • 研修当日の2019年3月30日の時点で認定証の有効期限が過ぎている場合には、ご案内できる情報があるかもしれません。案内を希望される際は、認定証情報(必須情報:認定証名称、認定証番号、発行年月日、資格継続受講年月日、発行赤十字支部名)を添えて、こちらからお問い合わせください。
  • 過去に資格継続研修を受講された場合は、当初の認定証発行日を基準にして、認定証裏面に記載の通り、有効期間が延長されています。
  • お間違えが多い点として、過去に資格継続研修を参加された日付(認定証裏面に記載あり)は、認定証の有効期間に関わりが無いことを留意ください。ご自身の認定証が参加条件に適しているか、ご不明な場合には、認定証情報(必須情報:認定証種類、発行年月日、資格継続受講年月日、発行赤十字支部名)を添えて、こちらからお問い合わせ下さい。
  • 認定証が紛失等によりお手元に無い場合には、認定証の再発行が必要です。必ず認定証を発行した日本赤十字社都道府県支部へ再発行の方法を問い合わせ下さい(再発行は認定証の有効期間内に限る)。

更新可能な資格

検定の結果、合格すると、資格が更新できます。なお、認定証は即日更新し、当日お持ち帰り頂けます。

  1. 日本赤十字社 水上安全法救助員 I 認定証
  2. 日本赤十字社 水上安全法救助員 II 認定証
  • 資格の更新は、お手元の認定証の中で最も上位の資格に対して行うものとお考えください。
  • 上位資格の捉え方としては次の例の通り、左側ほど上位となっています。
    水上安全法救助員II(海・湖)>水上安全法救助員I(プール)>救急法基礎講習修了者(赤十字ベーシックライフサポーター)
  • 水上安全法救助員は救急法基礎の上位資格のため、最新の心肺蘇生(ガイドライン2015対応)の内容を含めて継続更新されます。
  • 水上安全法救助員IIの方は、水上安全法救助員Iと救急法基礎の内容を含めて継続更新されます。
  • 認定証は、日本赤十字社が認定する資格です。履歴書等に記載することができます。

資格継続期間

有効期間が終了する日の翌日から5年間

  • 資格の有効期限は、資格継続研修の受講日とは関わりなく、当初の認定証発行日から加算していくかたちで延長されます。
  • このたび以後の資格の維持には、救急法基礎講習、水上安全法救助員養成講習の再受講となります。(資格継続研修が廃止されるため)

使用教材・訓練器材

感染防止用マスクは、資格継続受講限定の携帯に便利なハードケース入りを配布。

  1. 資格継続研修テキスト
  2. 感染防止用マスク (赤十字オリジナル ハードケース入り)
  3. 人工呼吸訓練用フェイスシールド
  4. 心肺蘇生訓練人形とAEDトレーナー
  5. 救助用チューブ
  6. バックボード
  7. リングブイ
  8. 教材資料 他
  • 配布する「感染防止用マスク(赤十字オリジナル ハードケース入り)」は本来は講習中に使用するものですが、このたびの研修では別途「フェイスシールド」を配布します。使用されなかった感染防止用マスクは、そのままお持ち帰り頂けます。

コース定員

先着 10名

  • 申込状況により、早期受付しめきりとなる場合があります。

費用

実費 1,800円 (逗子市民※1,500円)

  • 本講習の参加に必要な実費負担分の費用です。講習で指導を受けるための受講料、訓練器財の使用料は無償です。

参加申込

touch_appインターネット申込に進む

  • 参加を希望される方は上記のリンクから進んで下さい。お申し込みは本ウェブサイトからのインターネット申込に限ります。(スマートフォン、パソコン、タブレットからのアクセスに対応)
  • 受付は 2019年3月25日(月)までの予定です。申込状況により早期受付しめ切りを行う場合があります。

注意事項

  • 本講習会のためにかかる経費は、当会会員の資金持ち寄りと、参加費用実費の一部によりまかっており、開催による利益は全く無く、利益を目的にしていません。また、他のいずれからの資金援助や補助も受けておりません。全くの非営利ボランティア活動による開催です。
  • コース全日程への参加が必要です。欠席、遅刻、早退等を予定しての参加はできません。
  • 参加申込者が、最低開催人員数以下(しめきり日までの受付の結果)、荒天、災害発生、会場都合等により、講習会を中止とする場合があります。この場合、原則として延期や補講等の対応はできませんこと、予めご了承ください。
  • 会場施設の利用規程等に反する行為等があった場合、本講習の参加をお断りする場合があります。
  • 詳細を、対象者へ受講確定通知の際にお送りする、講習参加要領にてお知らせします。
  • 受講条件の確認のため、申込時に届け出をされた認定証を、講習初日に提出して頂きます。
  • 費用の内訳は、赤十字への支払いとして教本・教材・保険費800円。当会へは開催事務経費一部負担分1,000円(逗子市民※700円)。講習実施のための講習機材運搬・会場使用・通信・印刷・傷害損害賠償保険等にかかる費用を含めた(人件費は一切含まれません)、参加者個人が本講習の参加に必要な実費負担の額です。納入にかかる手数料は手続時にご自身で負担ください。
  • 逗子市民とは、神奈川県の逗子市内に在住・在勤・在学されている方とします。対象の方は申し込み時に次の申告が必須とします。在住の方はお住まいの住所、在勤・在学の方は通勤・通学先の正式名称と正確な所在地住所、学生の方は学年も含めます。
  • 講習会には、参加確定された受講者の方および当会関係者以外の立入はできません。見学等は規定によりお断り致しておりますこと、ご了承ください。
  • 申込は、お一人様に付き1回を有効とします。複数回、複数人をまとめて等での申込をされた場合は、全ての申込を無効とします。
  • 申込は必ず参加するご本人の方がお手続きください。保護者の方による場合を除き、代わっての(代行しての)申込手続には受付できかねます。
  • 他の申込者の方のため、参加確定通知後は参加取消は固くご遠慮ください。この場合、参加個人の受入のために既に費やしている経費のご負担を頂くこと、ご了承ください。
  • 申込受付は先着順です。そのため、受付のタイミングや状況によっては、受講することがかなわない場合があること、予めご了承ください。
  • 申込受付は原則として、神奈川県の逗子市内に在住・在勤・在学の方を優先とした対応を行います。これらの結果、受講することがかなわない場合があること、ご了承ください。
  • 各駅から会場最寄り駅までの乗り換え時間は、各運行会社提供の標準的な所要時間です。正確には別途 乗換案内を確認の上、来場ください。
  • Googleマップは、Google Inc.およびグーグル株式会社が提供するサービス・商標です。
  • ご不明な点がある際には、必ずお申し込みの前にお問い合わせ下さい。