閉じる

水上安全法 資格継続研修

水上安全法資格更新コース

infoお手元の認定証の有効期限以後も資格を維持されたい方への案内

水上安全法救助員対象の資格継続研修は、2019年3月末をもって廃止されました。有効期限以降も水上安全法救助員の資格を維持されたい場合は、救急法基礎から各養成講習への再受講が必要です。

具体的には次のような手順となります。

  1. 水上安全法救助員1の資格を保持されたい場合、救急法基礎講習を受講・修了し、水上安全法救助員1養成を受講、検定に合格する。
  2. 水上安全法救助員2の資格を保持されたい場合、水上安全法救助員1の認定後、水上安全法救助員2養成を受講、検定に合格する。

内容

以前の講習を通じて習得した知識と技術を、講義と陸上実習にて再確認します。

  • 心肺蘇生、AEDの使用法、気道異物除去等の一次救命処置(蘇生ガイドライン2015に対応)
  • 水上安全法救助員養成講習の学科と実技の復習と確認

日程・会場

  1. 日時:2019年 3月30日() 13時00分~17時30分 (更新手続の時間を含む)予定
  2. 会場:逗子市文化プラザ 市民交流センター (神奈川県逗子市逗子4-2-11)内

アクセス

  • 京急逗子線 新逗子駅 北口から徒歩ルート2分ほど
    ~金沢八景から8分・上大岡から20分・横浜から30分・京急川崎から40分
  • JR横須賀線 逗子駅 東口から徒歩ルート5分ほど
    ~鎌倉から5分・大船から12分・藤沢から20分・戸塚から19分・横浜から30分・久里浜から21分
  • 会場へのアクセスは公共交通機関の利用を推奨します。

更新可能な資格

検定の結果、合格すると、資格が更新できます。なお、認定証は即日更新し、当日お持ち帰り頂けます。

  1. 日本赤十字社 水上安全法救助員 I 認定証
  2. 日本赤十字社 水上安全法救助員 II 認定証

資格継続期間

有効期間が終了する日の翌日から5年間

  • 資格の有効期限は、資格継続研修の受講日とは関わりなく、当初の認定証発行日から加算していくかたちで延長されます。

使用教材・訓練器材

感染防止用マスクは、資格継続受講限定の携帯に便利なハードケース入りを配布。

  1. 資格継続研修テキスト
  2. 感染防止用マスク (赤十字オリジナル ハードケース入り)
  3. 人工呼吸訓練用フェイスシールド
  4. 心肺蘇生訓練人形とAEDトレーナー
  5. 救助用チューブ
  6. バックボード
  7. リングブイ
  8. 教材資料 他

参加申込

参加申込をしめきり、受付終了しました

  • このたびの講習会に、お申し込み、お問い合わせ、ご興味を頂き、誠にありがとうございました。

注意事項

  • 本講習会のためにかかる経費は、当会会員の資金持ち寄りと、参加費用実費の一部によりまかっており、開催による利益は全く無く、利益を目的にしていません。また、他のいずれからの資金援助や補助も受けておりません。全くの非営利ボランティア活動による開催です。
  • コース全日程への参加が必要です。欠席、遅刻、早退等を予定しての参加はできません。
  • 参加申込者が、最低開催人員数以下(しめきり日までの受付の結果)、荒天、災害発生、会場都合等により、講習会を中止とする場合があります。この場合、原則として延期や補講等の対応はできませんこと、予めご了承ください。
  • 会場施設の利用規程等に反する行為等があった場合、本講習の参加をお断りする場合があります。
  • 詳細を、対象者へ受講確定通知の際にお送りする、講習参加要領にてお知らせします。
  • 受講条件の確認のため、申込時に届け出をされた認定証を、講習初日に提出して頂きます。
  • 各駅から会場最寄り駅までの乗り換え時間は、各運行会社提供の標準的な所要時間です。正確には別途 乗換案内を確認の上、来場ください。
  • Googleマップは、Google Inc.およびグーグル株式会社が提供するサービス・商標です。
  • ご不明な点がある際には、必ずお申し込みの前にお問い合わせ下さい。